免許合宿の良さを知って受講しましょう

今、合宿タイプでの自動車免許証取得に、人気が集まっています。自宅から通うことなく、一ヶ所に合宿するような形で、授業を進めることになることから免許合宿と言われ、短期集中型の勉強方法です。車種にもよりますが、2週間から3週間程度で試験に受かると言われます。またこの免許合宿は、通学の場合より費用が安く済むことでも、人気になっています。合宿免許の中には、授業料から宿泊料金、食事代、更には交通費などが含まれているのですが、それでも通学するより安く仕上がる仕組みにもなっています。そこには、地方の自動車教習所における生徒数の激減があります。人口が伸びない中、地方での受験生は日に日に少なくなっているのが現状と言われます。その解決策に、この免許合宿が行なわれるようになったと言われます。自動車教習所は、生徒さんがいるからこそ成り立つ仕事と言えるのでしょう。

免許合宿で最短で免許を取得する

自動車の免許を取るときには、公安委員会に行き一発試験を受けるか自動車学校で教習を受けて摂る方法があります。その中で、費用を抑えて取りたいのであれば一発試験が一番ですが、基準が厳しくなかなか取りにくいという面があります。そのため、自動車学校で取る人が多くなっています。通学でもいいのですが、最近は免許合宿で取る人も増えています。なんといっても、通学よりスムーズに教習を進めることができます。しかも、普通免許で最短2週間で終わらせることができます。もちろん、その後に、免許センターで学科試験をすることになりますが、それでも早く取ることができます。そして、楽しみながら取れるというものメリットの一つです。自動車学校によって異なりますが、夕食がバイキングやバーベキューなどもあり、一緒に受けている人と楽しく過ごすこともできます。しかも、料金も安めの設定になっているので、そちらにするメリットがあります。

免許合宿をするメリット

免許の取り方の一つとして免許合宿という方法があります。地方などで1ヵ月程度の合宿をして免許を取得する短期集中型の方法です。免許合宿のメリットはいくつかありますが、一番のメリットは費用や期間の面です。まず費用の面ですが、教習所に通いながら免許を取る場合、学科や実技試験に落ちてしまった場合、追加の料金が発生することがほとんどです。しかし合宿の場合、保証プランなどがついており追加の料金がかからないことが多いです。次に期間の面ですが、通いながらの場合、学科にしても実技にしても事前予約というものが必要になります。自分の都合のいい時間帯が必ず空いているとは限りません。合宿の場合、平日はみっちり学科と実技が組み込まれているので、勉強したことを忘れたりすることなく、運転の感覚もつかんだまま次の講習となるので一気にこなすことができます。夏休みや春休みなどまとまった自由な時間が取れるならば旅行気分も味わえる免許合宿をするのもいい選択の一つです。